▼国王SUNKINGさんの記事

2010年08月23日

I Saw Her Standing There

isawher.jpg

I Saw Her Standing There
アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

邦題「その時ハートは盗まれた」は2010年の現代では通じる人も少ないですね。ポールマッカートニー作曲による、初期の代表的なオリジナル・ロックンロールです。デビューアルバムの1曲目を飾るに相応しい名曲で、この曲をレパートリーとしないビートルズトリビュートバンドは「無い」と、断言したいほど、演奏意欲をかき立てます。

ビートルズの演奏は、素晴らしいものでほぼライブ感覚で録音されています。ステレオバージョンで左から聴こえるポールの手数の多いベースは、ダウンピッキングとアップピッキングを巧みに組み合わせた、神業のようなラインです。

右から聴こえるリズムギターはジョンによるもので、リッケンバッカー325。太い弦を中心に解放弦を効果的に使った野太いサウンドです。弾き方には諸説ありますが、左チャンネルのポールのベース音が漏れてかぶっている印象で、ジョンはそれほど複雑なフィンがリングはしていない気がします。

左よりのナチュラルディレイ(自然に響きが加わった)クリアなギターは、ジョージによるもので、曲を通して、かなり細かいニュアンスで色づけをしていて秀逸です。ジョージ自身もライブステージでは、これほどの素晴らしい演奏を再現できていません。ほとんどのライブで、手抜き(言い過ぎでしょうか)にアレンジされたバージョンで演奏しています。が、それはそれで、また良い味を出しています。

リンゴのドラムは軽やかに跳ねていて、この曲の完成度に欠かせない躍動感を与えています。

後の1999年、リヴァプールのキャヴァーンクラブで行われたミレニアムライブ「The Big Little Gig」では、ギターにピンクフロイドのデヴィッド・ギルモア、ザ・パイレーツのミック・グリーン、ドラムにディプパープルのイアン・ペイス、キーボードにピート・ウィングフィールドを加えた、凄いバンドでした。

http://www.youtube.com/watch?v=LbC0evIHkDo
  
 
posted by 国王SUNKING at 21:02 | Comment(0) | ビートルズソングス

2010年07月17日

1963年式のギブソン J-160E

9833.jpg

2010年のゴールデンウィークに、長年欲しかった「ギブソン J-160E」のビンテージモデルを入手しました。1963年モノです。ライブで2回ほど使用しバンドが休止状態になったので、いまは家でつま弾く程度です。ライブではまだまだ「真のビートルズサウンド」が出せた実感はありませんが、家でかき鳴らす時にまさに「ビートルズサウンド」が鳴った瞬間を味わうことができます。

写真左は10年前に購入した現行モデル。右が今回入手した1963年です。見た目はもちろんですが、やはり木の状態が全然違うので、すごく軽いです。音量はあまり豊かではありませんが、乾いたチャリっという音が鳴ります。低音弦でも濁り感のある独特の雰囲気を味わえます。

この先、死ぬまでこの1本を弾き続け、棺桶に入れてもらいたいと思います。凄く大きな棺桶が必要だと思います。現行モデルは義弟にプレゼントしました。40歳半ばでギターに目覚めたそうなんです。特にビートルズのファンではないので、もの足りないかもしれませんが。
 
posted by 国王SUNKING at 11:58 | Comment(2) | ビートルズ馬鹿一代記

2010年07月16日

She Loves You[シー・ラブズ・ユー]

shelovesyou1.jpg

She Loves You
シー・ラブズ・ユー

初期のシングルヒット曲として、絶対的な存在感を放つ「シー・ラブズ・ユー」と「抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)」。この2曲の境界線となっているのが「録音のクオリティ」だと感じるのはおかしいでしょうか?もし録音技術の進歩がが数年早ければ、この「シー・ラブズ・ユー」の凄さが増したのか、どうなのか。

後に発売された「ザ・ビートルズ・リマスターズ」では、後者「抱きしめたい(I Want To Hold Your Hand)」の再現力は一層増していますが、「シー・ラブズ・ユー(She Loves You)」は疑似ステレオの領域を脱していません。全体に「もやっとした」雰囲気ですね。

それでも、このシー・ラブズ・ユーは、ビートルズが単に「アイドルグループのヒット曲」という枠組みに全く納まりきらない壮大な曲と言えます。イントロのタムタム5音からエンディングの3声コーラスまで、0.1秒たりとも気を許すことができません。

まず「彼女は君を愛しているよ」という、テーマが凄い。オープニングでこれを連呼し、イエ〜、イエ〜、イエ〜、イエ〜!で、ジョンだけ下降し、ポールは跳ね上がり、中間部をジョージが補う形の3声コーラスで締めています。その後絶妙のタイミングで、ジョージのリフがAメロに誘導します。AメロとBメロの前半2小節はユニゾン中心、後半はジョンとポールのハーモニーです。Bメロの終盤で「should be glad - Hoo!」は6度の和音を用いています。

また、聞き逃せないのは「ジョージのギター」です。エンディング間際のイエ〜、イエ〜、イエ〜の部分でよく聴こえますが、チャラ〜チャラ〜チャラ〜と降りてくる弾き方というか、コードの解釈が絶品です。シー・ラブズ・ユーは一見、ベタなヒット狙いの曲と思われがちですが、こうして半世紀を経た現在でも「こんなところにこだわり!」と感心させられるのが、ビートルズサウンドなのです。
 
posted by 国王SUNKING at 11:58 | Comment(0) | ビートルズソングス

2010年07月15日

ジョンとポールのデュオ

jonpaul.jpg

ジョンレノンとポールマッカートニーの二人。ジョンとポールのデュオは20世紀最高のハーモニーを生んだと言いきりたいです。その大きな要因は二人の声質にあると思います。

初期の二人の声質は、ジョンが「尖った太い声」ポールが「平らで細い声」。この両者が解け合って、唯一無二となります。また、表面的には「ハスキーなジョン」+「スイートなポール」と見えがちですが、実はポールもハスキーボイスの傾向があり、ライブや一人で歌う曲には顕著です。

初期の「ジョンとポールのデュオ」は、彼ら二人にしかできない世界を作り上げました。録音技術上の理由(トラック数の問題)もありますが、二人の解け合うようなハーモニーは、初期ビートルズの最大の魅力の一つです。その多くは「ジョン主導」のものです。バランス的にはジョン:ポールが、5.5:4.5のとき、ジョンの野太い声にポールのソフトさが調和し絶妙のブレンドとなります。ほとんどの場合ジョンが低音で、この低音が素晴らしいですね。

自分が好きなものとしては「アイルゲットユー」「ゼアザプレイス」「イフアイフェル」「ベイビーズインブラック」など。

中期の「ラバーソウル」というアルバムは「ジョンとポールのデュオ」を堪能できる最後のアルバムです。ドライブマイカーでは、初期の曲とは逆転し、ジョン:ポールが4:6ほどの割合で、ポールのボーカルは伸びのある素晴らしいもので、ジョンはそれを下から支えるような役割に聴こえます。「主たる作曲者がリードボーカルを担う」という原則が一層強くなったことも一因です。小曲「ザワード」「ウェイト」」は、これまで通りジョンとポールがほぼ対等のデュオを保った傑作です。

リヴォルバー以降はこのような「ジョンとポールの絶妙デュオ」は影を潜めます。バースデイでは、ほぼポールの一人勝ちですし。レットイットビーで採用された「ワンアフター909」が、唯一初期のデュオを思い出させてくれます。「トゥオブアス」も良いですが、すこし寂しさが漂います。 
 
posted by 国王SUNKING at 11:58 | Comment(0) | ビートルズうんちく風

2010年03月04日

アルバム「PLEASE, PLEASE ME」

ppmA.jpg

ザ・ビートルズのデビューアルバムはこの「プリーズ・プリーズ・ミー」ですが、日本に住んでいた日本人のビートルズファンで、このアルバムの冒頭「1,2,3,4 !」で始まるアイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼアで、ビートルズ・アルバムデビューの衝撃を感じた人はほとんどいないはずです。もちろんそれを外して考えても、このアルバムの「ロックンロール」なテイストは、抜群の完成度を持っていますが。

シングルデビュー後に順調な売れ行きを見せていたビートルズでしたが、このアルバムはビートルズがデビュー以前から演奏に慣れていた「得意なナンバー」を中心に、ほぼライブに近い感覚の録音になったようです。そのためこの時代としては格別に「音がきれい」だと感じます。

ご存知のとおり、ジョンはこの日に風邪をひいていて、全ての曲で「鼻声」です。ビートルズのアルバムは「シングル発売された曲を(なるべく)ダブらせない」主旨で選曲されていますが、このアルバムに限っては「ラブミードゥ」「プリーズ・プリーズ・ミー」と他に12曲〜と、ジャケットに書かれているのも今となってはユニークに感じます。

オープニングがポールによる「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」〜エンディングはジョンの「ツイス・トアンド・シャウト」ということで、まさに1本のビートルズライブを模した展開です。その中でも、オリジナル作品「アスクミー・ホワイ」「P.S.アイラブユー」の2曲は秀逸で、ここでもジョンとポールのラブソングの競演を堪能できます。

これも小曲ですがジョージの歌う「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット」は、上記の2曲を受けたジョージ風の美しいラブソングです。作曲はジョンだと思われます。いずれも、リードヴォーカル以外の二人の歌い手が絶妙のコーラスワークを聞かせていて、ビートルズ=コーラスグループという図式が早くも完成しています。

またオリジナル曲・カバー曲を含め、全体にアメリカのモータウンサウンド、R&Bサウンドを意識したものが多く、当時のビートルズメンバーがアメリカのサウンドに憧れていて、強く影響を受けたことも伺えます。
 
posted by 国王SUNKING at 17:24 | Comment(2) | ビートルズアルバム

アルバム「WITH THE BEATLES」

wtb.jpg

「ウィズ・ザ・ビートルズ」〜ビートルズと一緒に〜は、当時を物語る可愛いタイトルのアルバムですね。ジャケット写真はかなりコントラストの強いモノクロで、四人の顔がはっきり分かるものとなっています。前作の「プリーズ・プリーズ・ミー」ではまだ確立されていなかったアイデンティティが、この作品から強く打ち出されている気がしますね。「メンバー四人が対等である」という原則も見て取れますし、彼らのトレードマークにもなった髪型「マッシュルームカット」も似合ってきました。

このアルバムの醍醐味は前半の3曲に集約されていると言ったら言い過ぎでしょうか。1目目「イット・ウォント・ビー・ロング」は、ビートルズ・インパクトの代名詞のような「イントロなしでドカン」。しかも曲の構成・コードの選択など、通常のロックンロールのような単調なものでなく、はっきり「ビートルズ風」を確立しています。さらには3声のハーモニーやリードとバックの追っかけヴォーカルもありですね。

2曲目は一転、物悲しい「オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ」。この2曲はメドレーで切り離すことはできないと語る友人もいます。アメリカの黒っぽいサウンドをかなり意識した曲ですが、ジョンレノンが作って歌えばこうなるということでしょう、素晴らしいですね。そして続くのが「オール・マイ・ラビング」、語るまでもない至極の名曲ですね。

ビートルズはこのアルバムの制作と同時期に、シングル曲のレコーディングやライブステージ、テレビ出演など、忙しい日々を送っていますが、「ヒット曲量産体制」の傍ら、このような渋い選曲を集めたセカンドアルバムを発売したことは、凄いことだと思います。

録音状態は前作「プリーズ・プリーズ・ミー」より劣ると感じます。後に発売されたステレオ盤では、ロール・オーヴァー・ベートーヴェンなど、あきらかに無理のある「つなぎ」も発見できますね。しかしながら、このアルバムをビートルズのベストに挙げるファンの方もいるようで、「流石はビートルズ」と言わざるを得ません。
 
posted by 国王SUNKING at 16:29 | Comment(0) | ビートルズアルバム

アルバム「A HARD DAY'S NIGHT」

ahdn.jpg

サ・ビートルズ3枚目のアルバム「ア・ハード・デイズ・ナイト」は1964年に発売されました。このアルバム(同名の映画・楽曲)は二本では「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」と名付けられました。21世紀の現在「死語」とまでは言いませんが、当時の日本では「読みづらい・覚えづらい」タイトルは邦題化される習慣があったようです。

今となっては当たり前のことですがタイトル曲のイントロ、いわゆる「ジャ〜ン」は、世界中にビートルズ時代の幕開けを宣言するのに充分なインパクトです。実際、後追いビートルズファンの私でさえこの曲を初めて聴いた日の夜、布団の中でもまだ「ジャ〜ン」は鳴っていました!

同名の映画のサウンドトラックという位置づけですが、全てがオリジナル曲となっています。他のアルバムと比較し決定的に相違するのは「リンゴが歌っていない」ということです。この頃、ジョンレノンは作曲家として最初の「絶頂期」を迎えていて、適当に口ずさんでも「それが名曲」になっていたようなものです。

先述の通り、ジョンの作曲したものはジョージの歌う「アイム・ハピー・ジャスト・ダンス・ウィズ・ユー」を含め、全てが名曲揃い。曲そのもののパワーに加え、ポールとのデュオが光る「イフ・アイ・フェル」や、オリジナリティ溢れる構成の「テル・ミー・ホワイ」「エニイ・タイム・アット・オール」など、どれをとっても最高の出来だと言えます。

ポールはジョンのパワーにやや押され気味ですが、名曲「アンド・アイ・ラヴ・ハー」とオリジナルR&R「キャント・バイ・ミー・ラヴ」で対抗していますね。両曲ともそれぞれ素晴らしい出来映えです。

私の独自解釈なのですが、初期のビートルズは「奇数アルバム」と「偶数アルバム」で交互に味わえるようになっていて、この3枚目のアルバムは1枚目の「プリーズ・プリーズ・ミー」をさらに昇華させた雰囲気を持っているように感じています。
 
posted by 国王SUNKING at 15:07 | Comment(0) | ビートルズアルバム

アルバム「BEATLES FOR SALE」

bf.jpg

アルバム「ビートルズ・フォーセール」は1964年の12月に発売されました。四人は黒いコートに身を包んでいますね。クリスマス商戦に併せて「ビートルズ、売ってます〜」という、これも可愛いタイトルのアルバムです。この4枚目のアルバムまでがいわゆる「初期のビートルズ」と言って良いのでしょう。

これまでにもあった傾向ですが、このアルバムのジョンはオリジナル曲において「ネガティブなラブソング」が全面に出ています。その反面、カバー曲ではまるで「最後の花火」のようにロックンロールを絶唱しています。前者は「ノー・リプライ」「アイム・ア・ルーザー」がその代表です。後者は「ロック・アンド・ロール・ミュージック」「ミスター・ムーンライト」。

一方ポールは、これと言って目新しいオリジナル曲は出来ませんでした。「アイル・フォロー・ザ・サン」は名曲ですが、このレコーディングよりずっと以前に発想していた曲だと思います。「ホワット・ユー・アー・ドゥーイング」を好きな曲に挙げるビートルズファンもいますが、自分の評価としてはイマイチですか。

アルバム全体にカントリー色が漂う、アコースティックサウンドが感じられ、そこが好きだと言う人も多いようです。また、ビートルズを演奏する人たちや、ジョンのロックンロールヴォーカルが好きな人には、このアルバムがベストであると言えるのかも知れません。
 
posted by 国王SUNKING at 14:31 | Comment(0) | ビートルズアルバム

アルバム「HELP!」

help.jpg

アルバム「HELP!」は「四人はアイドル」と日本では命名され(?)ビートルズの初期と中期の境目を漂っている感じがするのは、自分だけでしょうかね。同名の映画はカラーで制作・公開されました。

これまた独自の解釈ですが、前作の映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」のタイトル曲覇権に敗れたポールは、この2回戦でもジョンの「ヘルプ!」にその座を譲った感があります。しかしながらジョンにしてみればタイトル曲「ヘルプ!」は映画のタイトルに相応しい「ヒット狙い」というより、精神的な分野への門を開きたかった曲のような印象もします。もう少しスローな曲に仕上げたかったとも聞きました。それは「ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ」にも続くイメージです。

アルバムとしてはかつてのA面(CD1-7)が映画用のオリジナル作品で締められ、流れるような展開を見せているのに対し、B面(CD8-14)は寄せ集め的な印象です。ポールはタイトル曲こそジョンに譲っていますが、「ザ・ナイト・ビフォア」「アナザー・ガール」でその後の才能の開花を予言しているようにも見えます。またジョージは「アイ・ニード・ユー」を作曲し「ウィズ・ザ・ビートルズ」収録の「ドント・バザー・ミー」の失敗から立ち直る兆しを見せました。(極論ですみません〜)

しかしながら、注目すべきなのはB面(8-14)で、ジョンのオリジナル「イッツ・オンリー・ラヴ」カバー「ディジー・ミス・リジー」に対して、ポールのオリジナル2曲「アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス」「イエスタデイ」はかなり強い光を放っている気がします。「イッツ・オンリー・ラヴ」はもちろん素晴らしい曲ですが、ポールの「アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス」は、新たに歩み出したポールマッカートニーのサウンドを感じさせます。残念ながらラストを締めくくるジョンの「ディジー・ミス・リジー」が滑稽に聴こえてしまうほど。
 
posted by 国王SUNKING at 12:33 | Comment(0) | ビートルズアルバム

アルバム「RUBBER SOUL」

rs.jpg

ビートルズ中期のアルバム「ラバーソウル」は、ビートルズがバンド全体で向かえた絶頂期的アルバムだと思っています。ロック色こそ控え気味ですが、名曲の宝庫と断言して良いと思います。ジョンとポールの好バランスに加えジョージ・ハリスンが独自の世界を作り初めています。

オープニングはまたまた「ビートルズマジック」を用いたロックなナンバー「ドライヴ・マイ・カー」ですが、歌はポールが主導権を持っています。

ジョン・レノンの作品として「ノーウェジアン・ウッド」「ノーホエア・マン」「ガール」「イン・マイ・ライフ」などどれを例に挙げても、最高級の作品がずらり。ポール・マッカートニーの作品も「ドライヴ・マイ・カー」「ユー・ウォント・シー・ミー」「ミッシェル」「アイム・ルッキング・スルー・ユー」と炸裂していますね。ジョージ・ハリスンの「イフ・アイ・ニーデド・サムワン」も見逃せません。

ビートルズの凄さは上記に留まりません。その他の小曲で例えば「ザ・ワード」「ウェイト」はまるでレノン・マッッカートニーの兄弟のような2曲で、このアルバムの「まとめ役」とも感じられます。それに「シンク・フォー・ユアセルフ」「ラン・フォー・ユア・ライフ」はジョージとジョンで兄弟のような曲を作ったとも感じられます。

その一方で、ポールの「ミッシェル」とジョンの「ガール」は、レノン・マッッカートニーの直接対決のような位置づけで、どちらも甲乙つけがたい名曲だと思えます。

この「ラバーソウル」というアルバムを境に、その後はジョンとポール、ジョージがそれぞれの方向を向いて歩き始めてゆく…そんな気がします。
 
posted by 国王SUNKING at 10:27 | Comment(0) | ビートルズアルバム
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。