▼国王SUNKINGさんの記事

2015年01月28日

負けるもんか。

1972年頃のジョンレノン

本物なんて、何一つありません。ヘルメットはネットで購入しました。(みどり安全社製)メガネはジョンレノン風サングラス度入り、上着はイマジンスカウツ風の私服、インナー=Dreamever.123スタッフTシャツ、ギター=ギブソンレスポールJr.ジョンレノン風味に改造。
 
好きだからこそ出来る「馬鹿」。拳を大きく突き上げて叫ぶ。立ち上がれ、叫べ!と、先導する。
 
posted by 国王SUNKING at 23:46 | Comment(0) | ジョンレノンになってみた男

1967年あたりのジョンレノンになってみた。

ビートルズ中期のジョンレノン

 
ビートルズ中期(1967年あたり)のジョン・レノンになってみた。丸メガネとヒゲ、そして少しパーマがかかったようなヘアルタイルが特徴だ。この日は2015年1月23日、Dreamever.123[ジョンレノン&ビートルズ](福岡市あいれふホール)が行われ、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の歌うために扮した。楽屋にて出演メンバーがスマホで撮影してくれました。
 
若い頃よりもむしろ、年を重ねて劣化しても頑張る…感じが愛おしい作品。
 
posted by 国王SUNKING at 23:31 | Comment(0) | ジョンレノンになってみた男

2015年01月15日

憧れのリバプール

ビートルズが好きになって40年になりますが、未だにリバプールを訪れたことはありません。NHKテレビで放送された「世界ふれあい街歩き:リバプール編」を見て、大感激しています。実際に自分がそこを歩いているように作られた番組なので一層素敵です!完全保存版になりそうです。

◎NHK 世界ふれあい街歩き「リバプール/ イギリス」
http://www6.nhk.or.jp/sekaimachi/archives/arukikata.html?fid=141223
 
 
3907.jpg


ジョンレノンやポールマッカートニーの像が見下ろしている。まさに「ビートルズの街」という印象。思わず深呼吸をしてみたくなりました。
 
 
3910.jpg


ロンドンに拠点を移す前のビートルズが盛んに出演した、キャバーンクラブ。番組では階段を下りて行く様子や、店内の様子も詳しく紹介していました。
 
 
3914.jpg


広場で軒を連ねる「リバプール(赤)」「エバートン(青)」の両サッカークラブ公認ショップ。ビートルズの赤盤・青盤のアイデアもここから。ちなみに一説ではポールのみエバートンファン、3人はリバプールファンだと言います。だからポール色の濃い後期は青盤。
 
 
3916.jpg


街中のいたるところにビートルズが。この街の悪ガキ四人組が世界の音楽をリードする存在になるとは…。
 
 
3908.jpg


3918.jpg


番組では路線バスに乗り、中心部を離れてジョンレノンの育った家「メンディップス」へ向かいます。車窓から見える風景もグッドです〜。
 
 
3918.jpg

 
 
ジョンレノンの育った家の裏口。ポールやジョージは、このように家の裏口からジョンの部屋に入っていったそうです。現在の管理人の方が教えてくれました。大きくて立派な家です。

3919.jpg

 
 
ジョンの家(表側)から見える風景。中産階級のおばさん宅なので、道も広いくて閑静な住宅街のように感じます。その道沿いを少し歩くと…。

3921.jpg


 
あのストロベリーフィールドの門が現れます。番組でも実際に歩いている雰囲気でカメラが回っているので、感動しました…(泣)
 
さらに足を延ばして、ペニーレインへ。歌にも出てくる銀行(元)が見えます。当時のポールやビートルズメンバーのエピソードを現地の人に語ってもらいます。みなビートルズを誇りに思っています。
 
 
3925.jpg


合唱団の一員だった少年ポールが座った教会の席。子どもの頃から歌が上手だったのでしょうね〜。

3926.jpg


もちろん現代的に生まれ変わった街の風景もあります。若い頃のビートルズが見ていた光景とは、随分様変わりしているのでしょう。リバプール…そうですね〜、60才〜70才になるまでには、一度訪れたいです。それを楽しみにして日々を暮らします〜。
 
 
 
posted by 国王SUNKING at 11:51 | Comment(0) | ビートルズ馬鹿一代記

2014年12月16日

ジョンレノン&ビートルズ ライブ「Dreamever.123」

a4oO.jpg
 
2015年1月23日(金曜日)
★6時30分開場 ★7時00分スタート
【入場無料・要申し込み】
場所:あいれふホール
〒810-0073 福岡市中央区舞鶴2-5-1
主催:福岡市人権啓発センター
 
2013年のNowhere111につづき、2回目のジョンレノン・トリビュート・イベント「ドリームエバー123」を企画させていただきます。ジョンレノンやビートルズを愛し、演奏をしてきた者にとって、これほどの機会はありません。慣れない筆ペンでメインビジュアルとなるイラストを描きました。顔が「LOVE」の文字でできています。こうしてモノを創り上げることは楽しいですね〜。機会をくださった福岡市人権啓発センターさんに、心より感謝いたします〜。
 
▼出演スタッフによる自主制作サイト
http://www.fact-web.com/123/index.html

▼福岡市人権啓発センター・イベント詳細ページ(お申し込み)
http://jinken.city.fukuoka.lg.jp/events/detail/85
 
 
posted by 国王SUNKING at 10:58 | Comment(0) | ビートルズ馬鹿一代記

2014年12月04日

長崎県平戸市のHIRADO BEATLES に出演




▼詳細
 
2014年12月20日(土)
OPEN17:30 START18:00
1500円(ワンドリンク付)

場所:国際観光ホテル 旗松亭(南蛮広場)
〒859-5102 長崎県平戸市大久保町2520

お問い合わせ 0950-22-3131(平戸商工会議所)
http://www.hiradocci.or.jp/

国際観光ホテル 旗松亭
宿泊プランもご用意されています。
http://www.kishotei.com/
 
長崎県平戸市で行われるビートルズのライブイベント「HIRADO BEATLES 〜Love Me HiraDO BeatleDO〜」に出演することになりました。平戸のビートルズファンの方々に喜んで頂けるよう、頑張ります。
 
posted by 国王SUNKING at 20:55 | Comment(0) | ビートルズ馬鹿一代記

2014年11月24日

Nobody Loves You (When You're Down and Out)

nl.jpg


落ち込んでいる時は、誰も愛してくれない。
有頂天になっている時は、誰も見向きもしない。
みんな小銭稼ぎに、押し合いへし合い。
僕が君の背中を引っ掻けば、
君も僕の背中を引っ掻きまわす。

あっちの世界に渡ったことがあるのさ。
僕は君にぜんぶ見せたよ、隠しごとなんて何もない。
けれども君は、まだこう尋ねる。
「ねぇ私のこと愛してる?」
何だよ、それ。何だよ、それ。

僕に言えることは…これだけさ。
「そんなのショービジネスだ」
「そんなのショービジネスなんだよ」

落ち込んでいる時は、誰も愛してくれない。
有頂天になっている時は、誰も見向きもしない。
みんな小銭稼ぎに、押し合いへし合い。
僕が君の背中を引っ掻けば、
君は僕の背中をナイフで刺すだろう。

今や僕は何回も海を渡ったんだよ。
一つ目の魔法使いが、盲目へと導く。
けれども君は、まだこう尋ねる。
「ねぇ私のこと愛してる?」
何言ってるの。何言ってるの。

救ってあげたいのに、こぼれ落ちてしまう。
救ってあげたいのに、こぼれ落ちてしまう。

朝起きて、鏡に映る自分を覗き込む。
叫びたくなる。

暗闇に倒れ込んでも、
もう眠れないんだって、わかったよ。
叫びたくなる。

歳をとり白髪になっても、誰も愛してくれない。
君が転んで倒れても、誰も愛してくれない。
みんな自分の誕生日の自慢ばかり。

そして君が棺桶で土深く埋められた時、
誰もが君を愛してくれる。
 
解釈:国王SUNKING
 
Nobody Loves You(1974年)、11年前に発表された She Loves You の主語をかえただけで、このような悲しい曲に仕上げられている。「そんなのショービジネスだ」という歌詞とともに、フランクシナトラばりのゆったりとしたオーケストラの間奏が立ち上がります。
 
「to the other side」はあの世(死後の世界)のように思わせる。三途の川を渡ったようなイメージ。この世もあの世もすべてを知りたがるくせに、ちっぽけな自己愛に固執しているという…人間に対する絶望的なくだり。
 
なんとも寂しい、悲しい歌詞ですが、ジョン・レノンの深い悲しみを感じることができれば、反対に生きる元気をもらえる気もします。死者を讃えることはたやすい。生きているうちに、もっと人を愛そうと思えるのです。
 
 
posted by 国王SUNKING at 14:20 | Comment(7) | ジョンレノン

2014年10月27日

The End の歌詞

theend.jpg


And, in the end, the love you take
Is equal to the love you make.

「ビートルズ最後の曲」ともいえるこの曲「The End」。リンゴのドラムソロを皮切りに、ポール、ジョージ、ジョンの順でギターソロを披露しています。とても短い曲です。最後の部分でポールは「結局、あなたが得る愛は、あなたが与える愛に等しい」という、哲学的な歌詞を歌っています。ネットの名言集などでは「ジョン・レノン」の名言として紹介されているケースがありますが、おそらく作詞はポールでしょう。

ピアノの連打〜ドラムフィル〜ギター〜ストリングス〜ブラス、とエンディングへ流れてゆきます。20世紀最高のロックバンドは、幕引きも見事です。
 
 
posted by 国王SUNKING at 19:26 | Comment(0) | ビートルズソングス

2014年10月02日

ザ・トリビューツ「ビートルズコピーバンド」

ザ・トリビューツ

2014年から「ザ・トリビューツ」という名のビートルズコピーバンドを始めました。40代後半〜50代前半のメンバー四人です。純粋にビートルズのコピーが好きなメンバーが集まったのは、このバンドが初めてです。ビートルズは好きだが、完全コピーは好きではない…という人も多いのです。

音楽の再現、楽器、衣装、仕草まで、ビートルズのように演ってみたい。そんなことが楽しい毎日です。50才を過ぎると一日の大切さをしみじみと感じます。毎日を元気に楽しく過ごそうと思います。

http://tributes.fact-web.com/
 
posted by 国王SUNKING at 19:04 | Comment(2) | ビートルズ演奏活動

2014年09月22日

武雄市図書館で「ジョンレノン特別絵画展」開催中!

tr.jpg
 
ja.jpg
 
佐賀県の武雄市図書館で、「ジョンレノン特別絵画展」が開催中です。軽井沢のコレクター、佐藤氏の協力により、ジョン・レノンの描いた優しいリトグラフや直筆サインなど17点あまりを、間近に見ることができます。また、有志の協力により、ビートルズやジョンレノンゆかりの楽器(現物ではない)なども展示されています。

武雄市図書館といえば、TSUTAYAとの提携で全国的にも有名になった、武雄市の有名観光スポット(笑)でもあります、この機会に、ぜひ訪れてみてください〜。

日時:2014年9月13日(土)〜21日(日)9時〜21時
9月22日(月)〜28日(日)9時〜18時

場所:武雄市図書館企画展示室
武雄市武雄町大字武雄5304番地1
入場無料
 
posted by 国王SUNKING at 00:00 | Comment(0) | 国王日記

2014年06月29日

ペニーレインの怪 Penny Lane

pl.jpg

ビートルズの七不思議、第二弾。この曲「Penny Lane」の2分32秒あたりに猛獣の声にも似た「ガオ〜〜〜〜」という奇妙な音が入っています。これはタイミングがあっているので、意図的だと思われますが、お気づきでしょうか?
 
posted by 国王SUNKING at 15:01 | Comment(2) | ビートルズソングス
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。