▼国王SUNKINGさんの記事

2012年03月04日

ビートルズとカポ

studio.jpg

ジョンレノンがリズムギターの名手であることは、ビートルズファンであれば周知のところ。ライブパフォーマンスは別として、スタジオレコーディングでは「カポ(カポタスト)」という演奏補助器具を多用していたと思われます。

ジョンに限らずビートルズソング全体について、このカポタストを語れば、まず最も有名どころとしてジョージハリスンの作品「Here Comes The Sun」「If I Needed Someone」が挙げられます。後者の「If I Needed Someone」はアルバム「Rubber Soul」に収録されていますが、このアルバムにはその他にジョンの作品「Norwegian Wood」「Girl」、ポールの「Michelle」などで、このうち「Norwegian Wood」はビートルズサウンドを語る上で、かなり重要です。

ジョンレノンはローコードの「D」をとても好みました。このコードの響きは高音4弦を中心にした軽やかな和音です。「Norwegian Wood」はこの「D」の形を様々に変形させて主要メロディの伴奏に用いています。そしてこのアルバムでは、他にもジョンがカポを使ってポジションを上げている有名な曲があります「Nowhere Man」ですね。全編において「チャリチャリ」と鳴るジョンのリズムギターは愛器Gibson J-160Eによるもので、明らかに2capo「D」スタイルを採用しています。ライブではカポをせず「E」スタイルですが。

この2capo「D」スタイルは、かなりお気に入りだったようで、おそらく「Yes It Is」で既に実行しています。キーが「E」の曲が出来た時点で2capo「D」での演奏(これもキーが「E」となる)を前提としていたのかも知れません。響きが好きだったのでしょう。同時期の作品で「It's Only Love」は確信犯。ポジションの違うアコースティックギターを重ねて、豊かな響きを表現しています。最初のギターはカポ無し、追加されるギターは5capoだと思われます。

YouTubeで世界中のビートルズファンをプレイを見ることができますが、このあたりはまず自分の耳で聞いて確かめることが必要かもね〜。

ビートルズとカポについては1回では語りきれないかもしれません。
 
 
posted by 国王SUNKING at 13:58 | Comment(0) | ビートルズうんちく風

2011年06月25日

シェア・スタジアムのツイスト・アンド・シャウト

永年ひっかかっていた「シェア・スタジアム」の「ツイスト・アンド・シャウト」。映像を見て、口パクというか、映像と音がずれていることは、前から分かっていましたし、音源差し替えの可能性もかなり感じていました。

それにしても、それ以上の「ひっかかり」があったんですよね、しかも何十年も放置してました。最近バンドでツイスト・アンド・シャウトのライブ風を再現するってことになって、間奏から始まるバージョンの研究をしてみたら、びっくりで。シェア・スタジアム映像の「ツイスト・アンド・シャウト」の演奏って、ハリウッド65年の音源だったんですね。ずっと前に気付いた記憶があり、それを忘れていました。

本物の「ツイスト・アンド・シャウト」の演奏もYoutubeで見られます。「Raw」または「ORIGINAL」とつけて検索すると出ますよ。ポールとジョージのファルセットコーラスの部分で、ジョージがマイクから離れる際に、ポールの声だけに聴こえる箇所があり、信憑性があります。本物では、ジョンの声が拾われていないので、それが差し替えの大きな理由でしょう。

「ア・ハード・デイズ・ナイト」も差し替えですね。映像のつなぎもすごいですよね〜。ジョージがリッケンバッカー36012で演奏しているのに、途中で一部グレッチテネシアンに変わってます。

他にも音が差し替えられた曲が多くあるようですが、有名な話で「アクト・ナチュラリー」は、レコード音になっちゃったことですね。これは中学生の時、ビートルズフィルムコンサートでこのライブを見た時に気付いて、かなりショックを受けました。ライブの音響環境(モニター)と、録音環境、マイクの調子など、当時はまだまだ巨大コンサートに適していなかったので、仕方ないでしょうね。

ビートルズがライブ演奏が下手だ と、思ってしまいそうな方々には、そのあたり考慮に入れてほしいですね。「ビートルズの音楽をちゃんと聴きたいなら、レコードを買ってね!」って、当時のジョンも言ってます。

 
posted by 国王SUNKING at 17:31 | Comment(4) | ビートルズうんちく風

2010年12月09日

ノラ・ジョーンズはラヴィ・シャンカル(シャンカール)の娘。

ジャズ系の歌手(ピアニスト)ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)は、インド人のシタール奏者ラヴィ・シャンカル(シャンカール)の娘である。先日、仕事の懇親会の席で、音楽好きのクライアントさんから教えてもらってびっくりした。ウィキペディアで調べたら、確かに、間違いないです。

ラヴィ・シャンカルは2010年12月現在、まだ生きていて90歳。ノラ・ジョーンズは1979年生まれで、31歳ということで、ラヴィが59歳の時に生まれた子だということです。しかしノラの音楽ルーツは主に母に影響されるものであり、ラヴィのDNAのみを引き継いで、あのような素晴らしい歌手になったのでしょう。

ラヴィ・シャンカルはビートルズ(特に中期)のサウンドに影響を与えた人物で、ジョージ・ハリスンのシタールの師匠です。1965年(ラバー・ソウル)発売時、シャンカルは当時すでに45歳だったんですね。ジョージ・ハリスンが22歳。その後、リボルバー、サージェント・ペパーズ‥でより一層インド音楽色を強めて、ポールから「ジョージの音楽は素晴らしい。ただし、あの耳障りなインド音楽を除けばね」と酷評されています。
 
posted by 国王SUNKING at 10:39 | Comment(0) | ビートルズうんちく風

2010年07月15日

ジョンとポールのデュオ

jonpaul.jpg

ジョンレノンとポールマッカートニーの二人。ジョンとポールのデュオは20世紀最高のハーモニーを生んだと言いきりたいです。その大きな要因は二人の声質にあると思います。

初期の二人の声質は、ジョンが「尖った太い声」ポールが「平らで細い声」。この両者が解け合って、唯一無二となります。また、表面的には「ハスキーなジョン」+「スイートなポール」と見えがちですが、実はポールもハスキーボイスの傾向があり、ライブや一人で歌う曲には顕著です。

初期の「ジョンとポールのデュオ」は、彼ら二人にしかできない世界を作り上げました。録音技術上の理由(トラック数の問題)もありますが、二人の解け合うようなハーモニーは、初期ビートルズの最大の魅力の一つです。その多くは「ジョン主導」のものです。バランス的にはジョン:ポールが、5.5:4.5のとき、ジョンの野太い声にポールのソフトさが調和し絶妙のブレンドとなります。ほとんどの場合ジョンが低音で、この低音が素晴らしいですね。

自分が好きなものとしては「アイルゲットユー」「ゼアザプレイス」「イフアイフェル」「ベイビーズインブラック」など。

中期の「ラバーソウル」というアルバムは「ジョンとポールのデュオ」を堪能できる最後のアルバムです。ドライブマイカーでは、初期の曲とは逆転し、ジョン:ポールが4:6ほどの割合で、ポールのボーカルは伸びのある素晴らしいもので、ジョンはそれを下から支えるような役割に聴こえます。「主たる作曲者がリードボーカルを担う」という原則が一層強くなったことも一因です。小曲「ザワード」「ウェイト」」は、これまで通りジョンとポールがほぼ対等のデュオを保った傑作です。

リヴォルバー以降はこのような「ジョンとポールの絶妙デュオ」は影を潜めます。バースデイでは、ほぼポールの一人勝ちですし。レットイットビーで採用された「ワンアフター909」が、唯一初期のデュオを思い出させてくれます。「トゥオブアス」も良いですが、すこし寂しさが漂います。 
 
posted by 国王SUNKING at 11:58 | Comment(0) | ビートルズうんちく風

2009年11月09日

横尾忠則さんのビートルズ

yokootadanori.jpg

同日の日記にも書いたように、自分は2歳年上の兄の影響でビートルズを知るようなった。その兄が入手した2枚目のポスターが、現在は画家の横尾忠則さんが手がけたビートルズのイラストポスターであった(左)。後に、ポスターのモデルになった写真を発見し、模写であったことを知ったのですが、横尾さんの作品の方が独特の世界を感じて好きです。

自分も兄も、美術方面の才能はある方で、当時(兄が中学生〜高校生)に、すでに絵を見る目を備えていたと思われます。現在オークションで高額で売られているようで、びっくりしました。実家に帰れば、まだ保管してあるかも知れませんが、見つかったとしても状態は最悪でしょう。
 
posted by 国王SUNKING at 18:28 | Comment(0) | ビートルズうんちく風

2009年09月02日

ザ・ビートルズ スーパー・ライヴ! At The Hollywood Bowl

hwb.jpg

ザ・ビートルズ スーパー・ライヴ!
The Beatles At The Hollywood Bowl

アメリカのロサンゼルス「ハリウッド・ボウル」で行われた、1964年と1965年のライブ録音をくっつけて1枚のダイジェスト版にしたもの。1977年にアナログ盤で発売されたがCD化はされていない幻のライブアルバム。ジョンは少し声がかすれていて疲れ気味に感じますが、それでも凄い迫力。ポールは元気満々です。オリジナルをステージで再現しているというより、かなり弾きこなした感じのベース演奏です。かなり

自分は発売当時にこのあるアルバムを購入、その後に海賊盤のCDも入手しました。この海賊盤は、「The Beatles At The Hollywood Bowl」として発売されたコンプリートバージョンに、1964年と1965年のライブ演奏そのままを収録した豪華版でした。採用されなかった曲は「You Can't Do That」「If I Fell」「I Want To Hold Your Hand」「I Feel Fine」「Everybody Trying~」「Baby's In Black」「I'm Down」などいろいろ聞くことができますが、録音バランスや演奏の完成度が原因で外されたと思われます。1965年のライブでは途中でマイクが倒れたのでしょうか、爆音とともに音響が変になり、ジョンとジョージがマイクテストをしています。周りの音も聞こえなかったのでしょう、「Everybody Trying~」では出だしがぎこちないし、「I'm Down」ではポールが完全に音を見失い、自分だけ別の箇所を歌っています。

01. Twist And Shout
間奏から始まるショートバージョン。リンゴのドラミングはライブ向きで、ハイハットをかなり開いています。

02. She's A Woman
これも公式バージョンより短いです。ポールのヴォーカルが光ります。ステージの大きさの割にアンプの出力が弱かったせいでしょうか。かなりギター音が歪んでヘビーな感じになっています。

03. Dizzy Miss Lizzy
Help!に収録された公式バージョンよりも遥かにドライブしています。

04. Ticket To Ride 

05. Can't Buy Me Love
途中まで音が小さいですが、ジョージのギターが良い味を出しています。

06. Things We Said Today
これもショートバージョン。サビのハモはジョージ。この頃までは、ポールのライブでの持ち歌が少し不足気味ではなかったか?と感じます。

07. Roll Over Beethoven
もの凄い迫力。ジョージが大活躍、歌もギターソロも抜群です。ポールのベースはこの世のものとは思えません!四人の演奏が大爆発してます。

08. Boys
渾身のボーイズ。リンゴの歌もピカイチ。自分がこれを現場で見たら失神しています。

09. A Hard Day's Night
オリジナルよりかなり遅く演奏しています。この演奏を聞くと、やはりオリジナルのA Hard Day's Nightは奇跡なのだと痛感します。ビートルズ本人でさえ、レコードのように演奏はできないのです。

10. Help!
ジョンは例によって歌詞を間違えています。

11. All My Loving
これも必聴。感動で涙が込み上げてきます。後半のハモリの部分は低い方がジョージ。ギターを弾きながらなのでしょうか、歌い方がジョージ節になっちゃってます。でも良い雰囲気です。

12. She Loves You
ポールのヴォーカルが弱いのが残念ですが、凄い演奏です!ファルセット部分はオリジナルと異なりますが、凄いビブラートです。

13. Long Tall Sally
ポールお決まりのお別れのMC「もう時間がないんだ、最後の曲だよ」みたいな感じで始まります。ジョージは12弦ギターで演奏しているように聞こえます。後半のリンゴの乱れ撃ちがあまりハッキリ聞こえないのが残念。
 
 ▼1964年と1965年の演奏が混在しています。
 
posted by 国王SUNKING at 22:05 | Comment(2) | ビートルズうんちく風

2009年08月03日

リチャード・アヴェドンのビートルズ。

LS.jpg

リチャード・アヴェドン Richard Avedonは、アメリカの有名な写真家。特に肖像写真の分野で評価が高い人でした。自分が東京でデザインの修行をしていた時代に、アートディレクターであった社長が好きな写真家でもありました。そのアヴェドンによって撮影されたビートルズは、雑誌LOOKに掲載されてるものが掲載されているデザインの本でも見たことがあります。また、1976年に発売された「Love Songs」というベストアルバムにも使用されました。このアルバムは多分愛知県の実家にあります。上の写真は、長年あこがれていたこの写真を再現したもの。60年代にLOOKで掲載された際には、ポールとリンゴの位置関係が逆だった記憶があります。

何れにしても、アートディレクターがが原版をもとに再構成した写真であると考えられます。このハーフシャドーと呼ばれる片側から光が当たるライティングで、顔の左側面を白く飛ばし、右側を黒く沈ませることで、何とも詩的な印象を与えています。ビートルズの肖像写真の中で最も好きなもののひとつです。
 
posted by 国王SUNKING at 21:51 | Comment(0) | ビートルズうんちく風

2009年06月18日

ビートルズは仲が良かったか?

自分は「ビートルズは仲が良かった」とは思えません。でも、それは仲が悪かったという意味でもない気がします。

ジョンとポールが教会で知り合った時、お互いに「コイツと一緒にバンドをやれば世界に羽ばたける」って直感したのではないでしょうか?それは決して、一緒に仲良くバンドをやろうよ〜って雰囲気ではなく、成功を夢見る少年がお互いにパートナーとして認め合った瞬間だったのです。たぶん。

その夢にジョージが便乗し、前任ドラマーのピートベストとの劇的なメンバーチェンジでリンゴが加入しビートルズは完成しました。

メジャーデビューから約8年、不仲が原因とされビートルズは解散します。その後も、メンバー間の不仲がニュースとなり世界を駆け巡った時代もありました。自分はその頃にビートルズを知った訳ですが、よく「ビートルズ再結成」の夢を見たものです。ジョンレノンが1980年にこの世を去り、その可能性は一瞬で「ゼロ」になりました。

もしもの話
 
posted by 国王SUNKING at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビートルズうんちく風

2008年06月22日

マル エバンス

maru_evans.jpg

●マル エバンス(マル・エヴァンス)Mal Evans
ビートルズのマネージャー。彼は二代目のロードマネージャーと言われ、ニール・ アスピナールとともに、ビートルズを影で支えた一人です。映画「レットイットビー」の中で演奏される「マックスウェルズシルバーハンマー」で、効果音の「ゴンゴン」という音を出していることや、「アデイインザライフ」の演奏部でカウントを入れるなど、レコーディングでも活躍しています。
後年、事件に巻き込まれ命を落としました。
 
posted by 国王SUNKING at 19:59 | Comment(0) | ビートルズうんちく風

2008年02月28日

ビートルズのステージ衣装

ビートルズのステージ衣装の変遷をイラスト付きで紹介しました。
(2000年頃執筆)

imuf62.jpg

●1963年頃 初期のビートルズのお手本の様なスタイルで、襟なしジャケットと呼ばれました。日本人の体型にマッチしにくいのか?この衣装を用いたコピーバンドをあまり見たことがありません。ビートルズはこの年の秋、本格的な初の海外公演スウェーデンツアーに出かけました。
●スウェーデンツアーでの演奏曲目
1. Long tall Sally 2. Please please me 3. I saw her Standing there
4. From me to you 5. A taste of honey 6. Chains 7. Boys
8. She loves you 9. Twist and shout

imuf64.jpg

●1964年頃 これもお馴染みのスタイル。黒の襟がとても印象的だ。デビュー以来好んで使用した黒のジャケットと併用して使用していたと思われる。この年の2度のアメリカ遠征を行った。

●夏のアメリカツアーでの演奏曲目
1. Twist snd shout 2. You can't to that 3. All my loving
4. She loves you 5. Things we said today
6. Roll over Beethoven 7. Can't buy me love 8. If I fell
9. I want to hold your hand 10. Boys
11. A hard day's night 12. Long tall Sally

imun65.jpg

●1965年頃 65年夏に行われた北米ツアーで使われた衣装。サンドベージュで、スタンドカラー、胸には星のバッジというもので、これまでの衣装から一気にイメージチェンジしている。ニューヨークのシェア・スタジアムでのパフォーマンスは伝説的となった。

●シェア・スタジアムでの演奏曲目
1. Twist and shout 2. She's a woman 3. I feel fine
4. Dizzy Miss Lizzy 5. Ticket to ride
6. Everybody trying to be my baby
7. Can't buy me love 8. Baby's in black 9. Act naturally
10. A hard day's night 11. Help! 12. I'm down

imun66.jpg

●1966年頃 この頃になるとノーネクタイスタイルが主になった。スーツは緑っぽい黒と薄いグレーの2種類あり、細いストライプをあしらったものだ。中のシャツはとてもカラフルなものが数種類用意され、組み合わせて着ていた。*実物はダブルです。(薄いグレーのタイプはシングル)

●北米ツアーでの主な演奏曲目
1. Rock and roll music 2. She's a woman 3. If I needed someone
4. Day tripper 5. Baby's in black 6. I feel fine
7. Yesterday 8. I wanna be your man 9. Nowhere man
10. Paperback writer 11. I'm down
 
posted by 国王SUNKING at 19:14 | Comment(0) | ビートルズうんちく風

2008年02月05日

マハリシ・マヘシ・ヨギ

 
maharishi.jpg
Maharishi Mahesh Yogi(マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー)
ビートルズ(特にジョージハリスン)がインドの音楽や瞑想世界に興味を抱き、一時、このマハリシ・マヘシ・ヨギの教えを学びました。リボルバー〜ホワイトアルバムに収録の多くの曲に、インド音楽や、インドでの経験が歌われています。2008年没。
 
posted by 国王SUNKING at 19:59 | Comment(0) | ビートルズうんちく風

2008年01月03日

ジョージ・マーティン

martin.jpg

Georg Martin(サー・ジョージ・ヘンリー・マーティン)
世界一有名な音楽プロデューサーと断言してしまいます。ビートルズのほとんどのレコーディングを担当しました。ビートルズ担当前はクラシック分野を得意としていました。ジョージ・マーティン自身は、かなり身なりのきちんとした紳士で、出会った頃のビートルズを「汚らしい若者たち」だと感じていたらしいです。

初期から後期まで、ビートルズの楽曲アレンジや、演奏、アルバムの仕上がりにまで大きな影響を与えています。
 
posted by 国王SUNKING at 19:59 | Comment(0) | ビートルズうんちく風
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。