▼国王SUNKINGさんの記事

2011年02月14日

ジョンレノン若返り作戦

3490.jpg


2010年のクリスマスパーティのライブで、大昔に作った「ビートルスーツ」を久々に着てみた。当時よりちょっと「痩せた」こともあって、ぜんぜん似合わなくなっていました。それと、パンツがゆるゆるで、ぜんぜんビートルズみたいじゃなかったんです。

2011年2月のバンドメンバーのウェディングライブを機に、も一回、ビートルズスーツみたいなのに挑戦したくなって、街に買い物に出ました。で、ぱっと目についたのがポール・スミスのカーナビーというスーツモデル。これが60年代後半のいわゆるモッズファンションの復刻みたいなモデルで、自分が着たら何となくビートルズスーツに見えて来たから、超ラッキー!それならついでに、ギターもリッケンバッカー325に持ち替えて、というのが写真。ネクタイはビートルズ風でありません。おめでたい席なので黒はNG。

昨年(2010年)の冬に、東京でジョージハリスン仙人のような方S氏から、ビートルズに対するお気持ちなんかをお聞きできる機会があり、自分のこだわりの希薄さを痛感して、2011年は、もう一回初心に戻ってやり直す!って、意気込みです。

写真のリッケンバッカー325V58は、まだまだ捨てたもんじゃありません。良い音が鳴るし、みんなあまりゴールドピックガードのジェットグローは持っていないんで、珍しくて良いです。

ジョンがペーパーバックライターのPVで着用していたレイバンのオリンピアンII DXも購入。う〜ん、これには、まずコンタクトレンズの購入が必要。サンバーストのカジノは、こだわり出すと大ごと(相当高い)なので、虎視眈々と出物を待つという感じですね。

そしてついに、押し入れに眠っているレスポールJrの改造に着手することも決めました。三重県に良いカスタムショップがあるのを知ったのです。(これは若返り作戦とは無関係ですが)ま、何はともあれ、残されたビートルズライフもそう長くはないと自覚し、出来るだけのことをやっておこう!って奮起しています。
 
posted by 国王SUNKING at 18:17 | Comment(0) | ビートルズ馬鹿一代記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。