▼国王SUNKINGさんの記事

2005年10月03日

ジョン・レノン・ミュージアム John Lennon Museum

nyc.jpg


ジョンレノンのファンで、ジョンレノンミュージアムを見たくない人は少ないだろう。しかし、不思議なことに、どうしても見たいというものでもなかった。不特定多数の人に拝まれるジョンレノンを、拝む人にまぎれて見たくないという論理だろうか?それとも、何か気恥ずかしいシチュエーションなのだろうか。ジョンレノンミュージアムで見たもの、聴いたもの、それはジョンレノンの遺産に間違いないのだが。かえって、夜中に酒を飲みながら一人で聴くジョンレノンアンソロジーの方が泣ける気もするのです。この写真は、友人tomomoさんの撮影によるものがベースになっています。彼女を含めた複数でジョンレノンミュージアムに出かけた時の記念撮影。この日の夜、東京ドームでポールマッカートニーのライブを見ることになっていた。
 
 
 
posted by 国王SUNKING at 23:57 | Comment(0) | ジョンレノンになってみた男
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。