▼国王SUNKINGさんの記事

2011年01月12日

ストロベリーフィールズフォーエヴァーを歌った。

sff.jpg

2010年のジョンレノン追悼ライブイベント「苺畑でつかまえて」でストロベリーフィールズフォーエヴァーを歌いました。数年前にもバンド(当時ビートリッパー)で演奏した経験があったのですが、今回は、このイベントのために結成された即席バンドで、しかも事前練習は2回しかしていない状態。でも、バンドメンバーのスキルが高かったのと、本番前の通しリハなどで音が固まったこともあって、自分なりに気持ちよく歌えた気がします。(音源などは未入手のため、その場の印象だけですが)

自分たちのバンドの出番は「ジョンとヨーコ」のお芝居とのコラボレーションということで、バンドが芝居舞台の両脇に別れて演奏するという初の試みで、どうやって演奏をまとめるか(特にカウントなども通常のライブとは違う形態を要求された)で苦労したようです。(自分はあまり練習に参加していないので、人ごとみたいに書いていますが)

100人近いスタッフ、出演者、お客さまは300人弱集まったようでした。総勢400人近い人の前で、ストロベリーフィールズフォーエヴァー(苺畑)を歌わせてもらったわけで、これは自分にとって人生最高の時間ではないか?と、胸がいっぱいになりそうで…、しかも、お芝居がもの凄く感動的に展開されているわけで…、ステージでイントロが奏でられる寸前まで涙がこみ上げてきて、歌えるのかどうか、全くわかりませんでした。

でもイントロの数小節の間に、す〜っと鼻に空気が通ったような感覚がして、「Let me take you down...」と声が出て来ました。こんな経験、なかなか出来ないだろうな〜って。幸せなことです、つくづく。
 
posted by 国王SUNKING at 23:49 | Comment(2) | ビートルズ演奏活動
この記事へのコメント
はじめまして、間借人と申します。

素晴らしいイベントに参加されたのですね。
羨ましい。

実は、私、武雄で今年行われる音楽イベント『温泉deビートルズ』の実行委員会で工法を担当しております。

ぜひぜひ、万難を排して参加していただければ幸いです。

私自身はデヴィッド・ボウイの信者で、間借人のハンドルはボウイのアルバムタイトルから取りました。

ボウイはジョンとの交友もありましたので、これも何かの縁かと思われます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted by 間借人 at 2011年01月27日 11:59
間借人さん、コメントありがとうございます。実は昨年の秋頃?『温泉deビートルズ』のお話をいただいたのですが、その時はスケジュールの都合で、お引き受けできなかった気がします。

LED ZEPPELINトリビュートバンド「FAT DEBBLINの凡蔵さん」からのお話でした。仕事の関係で、武雄市には知り合いもおりますので、ぜひ、お話が実現できればと存じます。

ちなみに現在、福岡の「パストマスターズ」というバンドでリーダーをしています。
http://past.fact-web.com/
Posted by 国王SUNKING at 2011年01月27日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。