▼国王SUNKINGさんの記事

2010年03月04日

アルバム「THE BEATLES」

whitea.jpg

真っ白なので一般に「ホワイトアルバム」と呼ばれます。このアルバム、本名が「THE BEATLES」と名付けられただけあって、ビートルズの意気込みも並々ならぬものを感じますし、実際このアルバムを「最も好き」という人は相当数います。

アルバム構想の中で、プロデューサーのジョージ・マーティンは「くだらない曲を整理して1枚に集約すべき」と説得しましたが、メンバーは2枚組にこだわりました。ファンにとってはありがたい結果だったですよね。でも今思えば、その後にアンソロジーが発売されたので(ボツになった曲も聴けたわけで)、この時はジョージ・マーティンに従い、曲を厳選した1枚のアルバムで出されたら、どのようなアルバムになったのだろう?という興味もあります。

このアルバムを高く評価する人が多い理由は、単純に考えて「良い曲が多く入っている」からでしょうね。リボルバーの延長線に位置するとも思える、多彩な曲が収録されています。

まずポールの作品として「バック・イン・ザ U.S.S.R.」「バースディ」は後期を代表する2大ロックンロール。それに対しジョンは「ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」「エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー」で応戦しています。さらに毒の多い作品でも両者の戦いは繰り広げられます。ポールはヘビメタの元祖「ヘルター・スケルター」を作り、ジョンは「ヤー・ブルース」でブルース・ロックを極めています。

ポールは特にアコースティクな曲でその座を確立していて「ブラックバード」「マザー・ネイチャーズ・サン」「ロッキー・ラクーン」の3曲は光っています。その他「マーサ・マイ・ディア」「アイ・ウィル」もポールの持ち味が良く出た名曲です。

ジョンは彼らしく、少しどろっとしたテイストの「グラス・オニオン」「セクシー・セディー」「アイム・ソー・タイアード」などで魅力を十分に見せてくれています。何れも、ジョンが好きならこの曲、ポールが好きならこの曲といった「通好み」の曲が満載なこともあり人気が高いのでしょうね。まるで「ビートルズおもちゃ箱」などと形容したくなるほどです。

一方ジョージは、後世にも燦然と輝く名曲「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を発表。他にも良い曲を入れていますが、この1曲だけでも、レノン・マッカートニーを脅かす存在に成長したように見えます。

しかしご存知の通り、このアルバムの制作においてバンド「ザ・ビートルズ」は解散への大きな大一歩を踏み出してしまいました。バンドメンバーは既にお互いを「曲の仕上げを手伝ってくれる仲間」程度にしか、認識できなくなって来たのです。一番寂しい思いをしたのはリンゴで、一時脱退をしていました。自分の存在価値を見失ったからです。その反省は、後のアビーロードで活かされます。
 
posted by 国王SUNKING at 03:45 | Comment(0) | ビートルズアルバム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。