▼国王SUNKINGさんの記事

2010年03月04日

アルバム「YELLOW SUBMARINE」

ys.jpg

ビートルズの公式アルバム中、最も重要でないアルバムとして最高票を集めることに間違いはないでしょう。アナログB面は「ビートルズ公式発表曲」に含まれないジョージマーティンの同名映画のサウンドトラックです。でも、これらも良く聞くと素晴らしい曲ばかりで、自分は「クラシック・カテゴリー」で聞けるようiTunesに設定をしています。

このアルバムで重要なのは数曲、ジョージの「オンリー・ア・ノーザン・ソング」「イッツ・オール・トゥ・マッチ」で、どちらもこの時期のジョージの作風が出ていてとても捨て難い曲です。特に「イッツ・オール・トゥ・マッチ」のイントロは印象的で、大好きです。

ポールの「オール・トゥゲザー・ナウ」も悪くないのですが、ジョンによる「ヘイ・ブルドッグ」はこの時期のジョンの作品中、傑作の一つだと思います。パワフルでノイジーなギターサウンド、ピアノから始まり徐々に熱くなる主題テーマなど、素晴らしいですね。出来ればフェードアウトでなく、エンディングまで「教えて欲しかった」です!
 
posted by 国王SUNKING at 03:36 | Comment(0) | ビートルズアルバム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。