▼国王SUNKINGさんの記事

2010年03月04日

アルバム「MAGICAL MYSTERY TOUR」

mg.jpg

同名のテレビ番組用の挿入曲をまとめた2枚組の変則EPを、構成し直しLP盤として発売したアメリカ「キャピトル・レコード」の編集盤が世界に定着したもの。「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の大成功を見て、ポールが企画した第二弾「マジカル・ミステリー・ツアー」のテレビ映画はすこぶる不評で、ビートルズ初の失敗と決めつけられました。

このアルバムはその意味でも「アルバムとしての完成度」はぼ「無」と言えますが、映画用に作られた曲や、同時進行的に作られ発表された「名曲」が集まった重要なアルバムと言えるかも知れません。

ポールの作品が大きく扱われていて、「マジカル・ミステリー・ツアー」「ハロー・グッドバイ」の2曲のキャッチーなポップナンバーがAB両面のトップをつとめています。それ以外にも「フール・オン・ザ・ヒル」「ユア・マザー・シュッド・ノウ」は中期のポール・マッカートニーの名曲と讃えて良いでしょう。両者ともポールの「音楽的優しさ」に満ちている作品です。

一方ジョンは、大作「アイ・アム・ザ・ウォルラス」に時間を費やしていて、タイトル曲と対決の様相を見せていますね。対決と言えばポールの「ペニー・レイン」と「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」は、故郷リヴァプールをテーマにした二題で、互角の勝負を展開しています。ここでも、ポールの作品に対し、ジョンの曲は「技巧」に走っています。

「愛こそはすべて(All You Need Is Love)」はアルバム中別格で、宇宙通信衛星で世界同時放送されたものに少し手を加えて、シングルリリースされたらしいです。曲の扱われ方としては、その後にアニメ「イエローサブマリン」に使われたのも印象的でした。
 
posted by 国王SUNKING at 05:35 | Comment(0) | ビートルズアルバム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。