▼国王SUNKINGさんの記事

2010年03月04日

アルバム「HELP!」

help.jpg

アルバム「HELP!」は「四人はアイドル」と日本では命名され(?)ビートルズの初期と中期の境目を漂っている感じがするのは、自分だけでしょうかね。同名の映画はカラーで制作・公開されました。

これまた独自の解釈ですが、前作の映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」のタイトル曲覇権に敗れたポールは、この2回戦でもジョンの「ヘルプ!」にその座を譲った感があります。しかしながらジョンにしてみればタイトル曲「ヘルプ!」は映画のタイトルに相応しい「ヒット狙い」というより、精神的な分野への門を開きたかった曲のような印象もします。もう少しスローな曲に仕上げたかったとも聞きました。それは「ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ」にも続くイメージです。

アルバムとしてはかつてのA面(CD1-7)が映画用のオリジナル作品で締められ、流れるような展開を見せているのに対し、B面(CD8-14)は寄せ集め的な印象です。ポールはタイトル曲こそジョンに譲っていますが、「ザ・ナイト・ビフォア」「アナザー・ガール」でその後の才能の開花を予言しているようにも見えます。またジョージは「アイ・ニード・ユー」を作曲し「ウィズ・ザ・ビートルズ」収録の「ドント・バザー・ミー」の失敗から立ち直る兆しを見せました。(極論ですみません〜)

しかしながら、注目すべきなのはB面(8-14)で、ジョンのオリジナル「イッツ・オンリー・ラヴ」カバー「ディジー・ミス・リジー」に対して、ポールのオリジナル2曲「アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス」「イエスタデイ」はかなり強い光を放っている気がします。「イッツ・オンリー・ラヴ」はもちろん素晴らしい曲ですが、ポールの「アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス」は、新たに歩み出したポールマッカートニーのサウンドを感じさせます。残念ながらラストを締めくくるジョンの「ディジー・ミス・リジー」が滑稽に聴こえてしまうほど。
 
posted by 国王SUNKING at 12:33 | Comment(0) | ビートルズアルバム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。