▼国王SUNKINGさんの記事

2010年03月04日

アルバム「WITH THE BEATLES」

wtb.jpg

「ウィズ・ザ・ビートルズ」〜ビートルズと一緒に〜は、当時を物語る可愛いタイトルのアルバムですね。ジャケット写真はかなりコントラストの強いモノクロで、四人の顔がはっきり分かるものとなっています。前作の「プリーズ・プリーズ・ミー」ではまだ確立されていなかったアイデンティティが、この作品から強く打ち出されている気がしますね。「メンバー四人が対等である」という原則も見て取れますし、彼らのトレードマークにもなった髪型「マッシュルームカット」も似合ってきました。

このアルバムの醍醐味は前半の3曲に集約されていると言ったら言い過ぎでしょうか。1目目「イット・ウォント・ビー・ロング」は、ビートルズ・インパクトの代名詞のような「イントロなしでドカン」。しかも曲の構成・コードの選択など、通常のロックンロールのような単調なものでなく、はっきり「ビートルズ風」を確立しています。さらには3声のハーモニーやリードとバックの追っかけヴォーカルもありですね。

2曲目は一転、物悲しい「オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ」。この2曲はメドレーで切り離すことはできないと語る友人もいます。アメリカの黒っぽいサウンドをかなり意識した曲ですが、ジョンレノンが作って歌えばこうなるということでしょう、素晴らしいですね。そして続くのが「オール・マイ・ラビング」、語るまでもない至極の名曲ですね。

ビートルズはこのアルバムの制作と同時期に、シングル曲のレコーディングやライブステージ、テレビ出演など、忙しい日々を送っていますが、「ヒット曲量産体制」の傍ら、このような渋い選曲を集めたセカンドアルバムを発売したことは、凄いことだと思います。

録音状態は前作「プリーズ・プリーズ・ミー」より劣ると感じます。後に発売されたステレオ盤では、ロール・オーヴァー・ベートーヴェンなど、あきらかに無理のある「つなぎ」も発見できますね。しかしながら、このアルバムをビートルズのベストに挙げるファンの方もいるようで、「流石はビートルズ」と言わざるを得ません。
 
posted by 国王SUNKING at 16:29 | Comment(0) | ビートルズアルバム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。