▼国王SUNKINGさんの記事

2010年03月04日

アルバム「RUBBER SOUL」

rs.jpg

ビートルズ中期のアルバム「ラバーソウル」は、ビートルズがバンド全体で向かえた絶頂期的アルバムだと思っています。ロック色こそ控え気味ですが、名曲の宝庫と断言して良いと思います。ジョンとポールの好バランスに加えジョージ・ハリスンが独自の世界を作り初めています。

オープニングはまたまた「ビートルズマジック」を用いたロックなナンバー「ドライヴ・マイ・カー」ですが、歌はポールが主導権を持っています。

ジョン・レノンの作品として「ノーウェジアン・ウッド」「ノーホエア・マン」「ガール」「イン・マイ・ライフ」などどれを例に挙げても、最高級の作品がずらり。ポール・マッカートニーの作品も「ドライヴ・マイ・カー」「ユー・ウォント・シー・ミー」「ミッシェル」「アイム・ルッキング・スルー・ユー」と炸裂していますね。ジョージ・ハリスンの「イフ・アイ・ニーデド・サムワン」も見逃せません。

ビートルズの凄さは上記に留まりません。その他の小曲で例えば「ザ・ワード」「ウェイト」はまるでレノン・マッッカートニーの兄弟のような2曲で、このアルバムの「まとめ役」とも感じられます。それに「シンク・フォー・ユアセルフ」「ラン・フォー・ユア・ライフ」はジョージとジョンで兄弟のような曲を作ったとも感じられます。

その一方で、ポールの「ミッシェル」とジョンの「ガール」は、レノン・マッッカートニーの直接対決のような位置づけで、どちらも甲乙つけがたい名曲だと思えます。

この「ラバーソウル」というアルバムを境に、その後はジョンとポール、ジョージがそれぞれの方向を向いて歩き始めてゆく…そんな気がします。
 
posted by 国王SUNKING at 10:27 | Comment(0) | ビートルズアルバム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。