▼国王SUNKINGさんの記事

2010年03月04日

アルバム「PLEASE, PLEASE ME」

ppmA.jpg

ザ・ビートルズのデビューアルバムはこの「プリーズ・プリーズ・ミー」ですが、日本に住んでいた日本人のビートルズファンで、このアルバムの冒頭「1,2,3,4 !」で始まるアイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼアで、ビートルズ・アルバムデビューの衝撃を感じた人はほとんどいないはずです。もちろんそれを外して考えても、このアルバムの「ロックンロール」なテイストは、抜群の完成度を持っていますが。

シングルデビュー後に順調な売れ行きを見せていたビートルズでしたが、このアルバムはビートルズがデビュー以前から演奏に慣れていた「得意なナンバー」を中心に、ほぼライブに近い感覚の録音になったようです。そのためこの時代としては格別に「音がきれい」だと感じます。

ご存知のとおり、ジョンはこの日に風邪をひいていて、全ての曲で「鼻声」です。ビートルズのアルバムは「シングル発売された曲を(なるべく)ダブらせない」主旨で選曲されていますが、このアルバムに限っては「ラブミードゥ」「プリーズ・プリーズ・ミー」と他に12曲〜と、ジャケットに書かれているのも今となってはユニークに感じます。

オープニングがポールによる「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」〜エンディングはジョンの「ツイス・トアンド・シャウト」ということで、まさに1本のビートルズライブを模した展開です。その中でも、オリジナル作品「アスクミー・ホワイ」「P.S.アイラブユー」の2曲は秀逸で、ここでもジョンとポールのラブソングの競演を堪能できます。

これも小曲ですがジョージの歌う「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット」は、上記の2曲を受けたジョージ風の美しいラブソングです。作曲はジョンだと思われます。いずれも、リードヴォーカル以外の二人の歌い手が絶妙のコーラスワークを聞かせていて、ビートルズ=コーラスグループという図式が早くも完成しています。

またオリジナル曲・カバー曲を含め、全体にアメリカのモータウンサウンド、R&Bサウンドを意識したものが多く、当時のビートルズメンバーがアメリカのサウンドに憧れていて、強く影響を受けたことも伺えます。
 
posted by 国王SUNKING at 17:24 | Comment(2) | ビートルズアルバム
この記事へのコメント
はじめまして。
「Do you want to know a secret」って惜しくも全米2位でしたよね。1位になれば「ビートルズ1」に収録されたのに・・・・・・。惜しかったですね。
Posted by 蟷螂の斧 at 2010年03月11日 20:03
蟷螂の斧さん、はじめまして!(かまきり)ですよね、読めなくてネットでしらべちゃいました。

>Do you want to know a secret」って惜しくも全米2位

ネットで調べたらだアメリカビルボードで1964年4月9日のチャートで2位
という記述がありました。シングルヒットとして知られてる曲では
ないのですが、火がついた状態の当時のアメリカの状況が伺え知れますね。
Posted by 国王SUNKING at 2010年03月12日 14:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。