▼国王SUNKINGさんの記事

2010年03月04日

アルバム「ABBEY ROAD」

ab.jpg

「アビー・ロード」ザ・ビートルズが最後に録音したはアルバムです。最後のアルバムと言っても、はじめから「最後のアルバムを作ろう」として作ったわけで、ザ・ビートルズを伝説化したラストアルバムと言えるでしょう。

皆さんがCDを聞くようになって、AB面を区別する概念はいつしか失せましたが、6曲目「アイ・ウォント・ユー」までがA面、「ヒア・カムズ・ザ・サン」からがB面です。
A面は、リンゴを含めたメンバー四人がそれぞれ、自信作をぶつけ合っています。

ジョンは今やジョンレノン的ロックの代名詞「カム・トゥゲザー」。これは選挙運動用に作られた曲ですが、チャックベリーのパクリとの判決(?)が下った問題作です。しかし演奏面はジョンのヴォーカル・ポールのベース・リンゴのドラミング、その全てがパーフェクトだと思えます。

ジョージのサムシングは説明の必要もないでしょう。ビートルズの全楽曲中、最も名曲だと表する人も多いほど完成度の高い曲です。発売当時「ギターはエリッククラプトンが弾いている」という噂まであったという素晴らしいギタープレイ、まるで歌うようなベースライン、ゆるゆるのドラムプレイなど、楽曲=演奏表現だとも言える素晴らしい仕上がりです。

ポールは「オー!ダーリン」で本領を発揮しています。ポールはおそらく「ヴォーカリストとしての最後の花」を咲かせることに意欲的だったと思われ、ロングトールサリーの時のように歌い上げるために、努力を惜しまなかったようです。今聞いても分かる通り、後期のポールマッカートニーの「歌唱賞」はこの曲が受賞していると評価できます。

最後はリンゴの「オクトパスズ・ガーデン」ですがこれも素晴らしい曲です。リンゴスター作曲によるもので、他のビートル3人の手助けもあり、完成度の高い仕上がりとなっています。

続く「アイ・ウォント・ユー」とB面の単発的な曲は別の場面で語るとして、「ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー」から始まるいわゆる「アビーロード・メドレー」はビートルズが自分たちのために作った「葬送曲」とも言える最高傑作です。葬送曲=レクイエムと言っても暗さは無く、壮大でありながら荒削りでダミナミック、エンディングまで流れるように続きます。冷ややかに分析すれば「未完成な曲を集めてつなげただけ」かも知れませんが、各曲(パーツ)が一体化し、ビートルズの集大成とも言えるパワー生み出して聞き手に大きな感動を与えています。
 
posted by 国王SUNKING at 00:22 | Comment(0) | ビートルズアルバム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。