▼国王SUNKINGさんの記事

2009年10月11日

ジョージハリスンのギターの腕前

wallpaper-george-harrison.jpg

よくビートルズファンの集い(ウェブなども含め)で、ジョージハリスンのギターの腕前について物議を呼ぶことがあります。人により「上手」と「下手」という極論に分かれ、どちらも熱く語ってくれます。

自分はビートルズバンドに参加しているので、ジョージハリスンのギターは「下手」という認識は全くありません。それは、たとえプレイがジョージ以上でも以下でも、ビートルズに聞こえないので、やっぱり「ジョージのようなプレイ」をギタリストに求めるためです。これはビートルズのバンドにおける一般的ジョージ評でしょう。

では一般的にはどうだろう?と考えますと、それも一概には語れません。なぜなら音楽というものは、その人の好みで聞くもので、ビートルズに興味のない若いリスナーに「ジョージハリスン」の初期のギタープレイを聞いてもらったら「下手」以外の答えは少なくなるでしょう。同じ人に「ジョンフルシアンテ」を聞かせたら「上手」と言うかも知れません。

たとえばジョンメイヤーは21世紀のギタリストとして高い評価を得ていると聞きます。自分も数枚のアルバムを持っています。確かに上手い。心地よい。その直後にビートルズ初期のジョージハリスンの演奏を聞いてみると、ぎこちない感じもします。でも、当時のビートルズのサウンド、四人の演奏は「ベストの組み合わせ」で、だからこそ世界中に今でも大勢のファンがいるのです。

自分はビートルズが好きで聞いているので、ジョージハリスンのギターが「好き」ですね。ジョージハリスンのギターが「下手」と言うビートルズファンも居るとは思いますが、ジョージハリスンのギターが「嫌い」という意味ではないんでしょうね。嫌いだとすればビートルズが嫌いと言っているようなものですから。少し強引な意見かな?

また、ジョージハリスンのミュージシャンとしての腕前、ということになればその株は急上昇するでしょうね。楽曲内でのバッキング演奏、コーラス、リードヴォーカルなどなど。彼の存在によりビートルズは「聴衆を決して飽きさせない多彩な演奏と音楽性」を披露してくれました。

そう言えば、僕の音楽&仕事仲間でビートルズの大ファンなのに「ジョージが嫌い」な人がいるな〜。また今度、一緒にお酒でも飲みながらビートルズ談義をしたいです。でも結局「ジョージを好きになることは決して無い」のです。それで良いんじゃないかな〜。
 
posted by 国王SUNKING at 11:45 | Comment(0) | ジョージハリスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。