▼国王SUNKINGさんの記事

2009年06月22日

ジョンレノンが生きていたら69歳?

2009年の6月22日で自分は46歳になりました。自分が40歳になった時、ジョンがこの世を去った年齢に到達したのですが、その時から自分の写真を自分で撮影するようになりました。今は、あまりやってませんが。

なぜ、そんなことを思い立ったかと言うと、40歳を過ぎたジョンレノンを知らないからですね。たとえば2009年現在、ジョンレノンが存命であれば、どんな風貌になっていたでしょうか?遺伝子学などを勉強して、CGシミュレーションをする人も出てきそうな気がしますね。

ミックジャガーは凄いですね。いつまでも若い頃の雰囲気を維持し続けています。それはそれでかっこ良いし、ビリージョエルのように年齢を経てそれなりに別の渋さを醸すスターもいます。エリッククラプトンなど、昔の写真では本人とわからない音楽ファンもいるでしょう。

自分は40歳を過ぎた時に、自分自身がどんどん老けてしまって、ジョンレノンになろうとしても、もう不可能になると確信しました。それで、写真を撮り始めたのです。

tabako.jpg

▲これは、その中の失敗作のひとつ。セルフタイマーでパチパチと数枚撮影して行ったのですが、こんな姿を人に見られたらどんなに恥ずかしいか…。と照れながらポーズしていますね。黒く見えるベストは、ブランドロゴが見えてしまうため、前後ろ逆に着ています。でもしかし、恥ずかしいようなことを、やってのける!それこそ、ジョンレノンの魂だと自負します。
 
posted by 国王SUNKING at 20:28 | Comment(0) | ビートルズ馬鹿一代記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。