▼国王SUNKINGさんの記事

2008年12月08日

ジョンレノンについて

誕生日:1940年10月9日[1980年12月8日死亡]
本名は、John Winston Lennon、後に本人の意思でJohn Winston Ono Lennonに改名。Winstonはイギリスの首相で有名なウインストン・チャーチルが由来。Onoはもちろん、ヨーコ・オノ。
幼少期は両親の愛情に恵まれず、実母ジュリアの姉であるミミおばさんに育てられました。その生い立ちがジョンレノンの作った曲や詞に大きく影響しています。

性格は知的でいながらも、乱暴な面もあり、ジョンレノンの素顔を知るミュージシャンの中には「友達になれたと思ったら、とたんに傷つけられた」と語っている人もいるようです。新しいもの好きなようで、ビートルズのメンバーたちをびっくりさせるような行動も多かったようです。

音楽面は作詞作曲と歌に抜群の才能を発揮しました。その両方とも20世紀最高のロックンローラーと称して申し分無いと思います。また、ギターの演奏でもマニアを中心に、特にリズムワークの点で高い評価を得ています。ビートルズのサウンドはジョンのギターとリンゴのドラムの絡みで「ビート感」をあおっている曲が多くあります。

中期〜後期以降のジョンは、歌唱において初期程のパワーを感じないというファンも多いです。自分は決してそうは思いません。後期のジョンレノンの歌唱は、初期と比べ、よりジョンらしい部分が強調されている気がします。芸術性やメッセージ色が強くなったことで、難解とも評されますが、ジョンレノンの素晴らしさは「歌の説得力」に他なりません。ジョンの歌は「音符に歌詞がついている」のではなく「言葉がメロディを持っている」のです。
 
posted by 国王SUNKING at 19:24 | Comment(0) | ジョンレノン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。