▼国王SUNKINGさんの記事

2008年06月25日

第一章

imb40bdoukan.jpg

望遠鏡の中でジョンがマイクに向かって歌っている。僕は友達に借りた(双眼鏡ではない)望遠鏡を持っていっていたのだ。といっても、大袈裟な物ではなく、直径5センチ位のよくある「万華鏡」とどっこのやつだ。その5センチの中のほぼ半分の大きさでジョンの横顔が「ロックン・ロール・ミュージック」を歌っている。30年以上たった今でも、そのジョンの左横顔を鮮明に覚えている。どんな「万華鏡」の模様よりも。

もしかしたら、僕はジョンが一番好きなのかも知れない。ポールが少し上向きかげんで「シーズ・ア・ウーマン」を歌っている顔も、ジョージがちょうどこちらを向いた時の大真面目な顔も、ずっとうつむきかげんでドラムを叩き続けていたリンゴの髪の毛が揺れていたのもちゃんと覚えているのだが、ジョンの横顔を一番鮮明に覚えているのだから。ビートルズは4人でビートルズと思っているつもりなのだけれども…。

僕の座った [東スタンド 2階 B列 40番]はステージから見て、ほとんど左真横だった。だから、ほとんどメンバーの左横顔ばかりをみていたということなのだが、おかげで、あの後ろに立てられたTHE BEATLESと電飾で縁取りされた大きなボードの真ん中下に、四角く切られた口があるのが見え、そこから出てきた4人、ステージの後ろの階段を駆け上がる4人、の姿をしっかりと見られたという幸運に恵まれた。1966年7月2日 (土曜日) 午後7時30分、頃だ。僕はその頃、腕時計なんぞ持っちゃいなかった。腕時計がステイタスだった時代だ。だから、7時30分、頃だ。4人がステージの上に立った。

後ろの切り口から4人の姿が見えた時から、喚声、金切り声、悲鳴「ジョン」「ポール」「ジョージ」「リンゴ」の呼び声が入り交じってあがり、それから35分間、静かになんてなりゃしなかった。チューニングが始まると一層大きくなった。通路という通路にずらっと座り込んだ警官がしかめ面をしながら耳をふさぐ。だが、まだまだ・・・ジョンがマイクに向かった。ギターが鳴る。「チュテミイザモザロックンロールミューッジック」最初のピークだ。武道館が音の洪水で埋まる。音楽と喚声、悲鳴とで。そんな中で、ようやくおびえがとれた僕は(そう、僕はおびえていたのだ。まだ14才、中学1年だった)望遠鏡を取り出した。小さく小さく5センチ位にしか見えなかった4人をできるだけ大きく見るために。まずは、一番近くにいるジョンだ。
 
posted by 国王SUNKING at 16:34 | Comment(0) | B40さんのビートルズ日本公演
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。