▼国王SUNKINGさんの記事

2009年06月18日

ビートルズは仲が良かったか?

自分は「ビートルズは仲が良かった」とは思えません。でも、それは仲が悪かったという意味でもない気がします。

ジョンとポールが教会で知り合った時、お互いに「コイツと一緒にバンドをやれば世界に羽ばたける」って直感したのではないでしょうか?それは決して、一緒に仲良くバンドをやろうよ〜って雰囲気ではなく、成功を夢見る少年がお互いにパートナーとして認め合った瞬間だったのです。たぶん。

その夢にジョージが便乗し、前任ドラマーのピートベストとの劇的なメンバーチェンジでリンゴが加入しビートルズは完成しました。

メジャーデビューから約8年、不仲が原因とされビートルズは解散します。その後も、メンバー間の不仲がニュースとなり世界を駆け巡った時代もありました。自分はその頃にビートルズを知った訳ですが、よく「ビートルズ再結成」の夢を見たものです。ジョンレノンが1980年にこの世を去り、その可能性は一瞬で「ゼロ」になりました。

もしも、この先、ず〜っと先、四人が天国で再会したら再結成するでしょうか。そんなこと考えてもしょうがないか。
 
posted by 国王SUNKING at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビートルズうんちく風
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29874424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。