▼国王SUNKINGさんの記事

2008年06月18日

ポールマッカートニー使用楽器[Karl Hofner 500/1]

●ヘフナー500

ポールといえばコレ、バイオリンベースですね。ポールはビートルズ時代このモデルを3本使用したと言われます。最初のものは1963年まで使用し、その後アルバムHelp!までは2本目を使用したと言われます。

3本目はレボリューションのフィルムで使ったことが確認されています。中期以降は、主力ベースをリッケンバッカー 4001に譲りますが、解散直前のゲットバックセッションなどで再び脚光を浴びました。これは、セッションの様子が映画になる予定があり、ポールは昔からのファンのためにサービス精神で、ヘフナーを持ったともいわれています。

音色はエッジの無いポコポコした音で、とても低音が大きい印象があります。また普通のベースと比較すると、とても軽いのが特長です。弾き方によって、音の大きさがすごく変わる印象もあります。

(注意:所有したヘフナーは2本のみという説などもあります)
 
posted by 国王SUNKING at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポールマッカートニー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29870418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。