▼国王SUNKINGさんの記事

2008年10月09日

ジョンレノン使用楽器[Epiphone E230TD Casino]

●エピフォンカジノ

一般的にDay Tripperからこのギターを使用したと言われています。1964年に入手したとされるのはサンバースト(茶色のグラデーション)モデル。

ホワイトアルバム以降解散まで使用したナチュラルボディのカジノは塗装を剥がしたと言われています。中期以降のビートルズサウンドを再現するならぜひ手に入れたいギターです。ギターのボリュームとアンプの設定加減によっては、ナチュラルオーバードライブ(自然な歪み音)が出せます。後期のジョンレノンの演奏スタイルはこれによるものがとても多いです。

Casino.jpg

自分はこの塗装を剥がした後のエピフォンカジノを10年間使い続けています。扱いが乱暴なので、他の方の同じモデルに比べると若干「ヘタっている感」がありますが、とても手に馴染むギターです。でもなかなか、思い通りの音は出せていませんね〜。アンプとの相性や、鳴らす環境によって様々です。しかし、ジョンレノンを演奏する場合は、そのギターの音質が一番重要ではないと思ったりします。弾き方というか、雰囲気の表現のほうが大事かな〜。自分もなかなか再現できませんが。
 
posted by 国王SUNKING at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジョンレノン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29870349
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。