▼国王SUNKINGさんの記事

2008年10月09日

ジョンレノン使用楽器[Rickenbacker 325]

●リッケンバカー325

ジョンレノンが最初に手に入れたとされるリッケンバカー 325はメイプルグロー(白木のような色)のボディに、ゴールドのピックガード。それを、黒く塗ってデビュー後も使用しました。その次も初期のジョンをイメージさせるジェット・グロー(黒)の325で、これはピックガードが白いタイプです。

音質はジャリっと言う感じです。ボディがホロー(空洞)のギターなので、独特の音色です。曲によってはトーンを抑え気味(こもった感じ)の音色を上手に取り入れています。代表曲は「抱きしめたい」「ユーキャントドゥザット」など。

325.jpg

自分が持っているのは初期型のゴールドのピックガードのモデル。リッケンバカー 325 V58。福岡に引っ越してきて間もなく、出張で東京に出た時に時間をつくってお茶の水の中古楽器店で購入しました。10〜20万円の間だった気がします。数回ライブで使用しましたが、後期の曲が弾けないということで第一線を退くことになりました。ノブやジャックプレートの交換、ブリッジもジョンレノン風に改造してあります。その後発売された「Cシリーズ」と比較すると、楽器としての完成度は低いです。音もあまり良くありません。
1963rb325.jpg
写真はジョンレノンが実際に使用していたとされるリッケンバカー325。ジョンレノンミュージアムで実物を見ました。弦は当時張られていたいたものかどうか、疑問も感じますが相当錆びていました。ボディサイドに、最後に演奏されたセットリスト(曲目)がセロテープで貼られています。

ジョンは325のフルスケール(短くないサイズ)や、12弦バージョンも所有したと言われます。エブリリトルシングでこの12弦ギターを使用したことが確認されています。ジョンが最後に手に入れたリッケンバカーはファイア・グロー(レッドサンバースト)の325と言われていますが、ほとんどの人が演奏しているジョンの姿を見たことがないらしいです。
 
posted by 国王SUNKING at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジョンレノン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29870307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。