▼国王SUNKINGさんの記事

2009年06月12日

リンゴスターのイラスト

リンゴスターのイラスト

リンゴスターは、独特のドラミングスタイルをもっています。振り子打法です。実際にフィルムを見ないとピンときませんね。リンゴはノってくると、徐々に前傾姿勢になってきて、最後にはお尻が椅子から浮きます。初期のライブで確認できます。それでもドラミングはうるさくなりません。跳ねるように軽やかな演奏です。(1999年サイト立ち上げ当時の文章より転載。)

【勉強の意味もあり追記です】
リンゴスターは左利きで、右利き用のドラムのセットで叩いています。それもあり、通常のドラムアクセントにはならないのだ…と聞いたことがあります。また元来シャッフルが得意のドラマーで、ロック的な8ビートを要求しても、どこかシャッフル気味なドラミングになっていまうことが、ビートルズのサウンドの特長にもなっています。サムシングのイントロ、カムトゥゲザーのイントロなど、ビートルズの名曲にピッタリのドラミングはさすがリンゴスターの真骨頂と言えます。また、自分は太鼓の「1音」の温かみというか、深みというか、そういう味を持ったドラマーだと感じていて、後になって発表された「フリーアズアバード」のイントロや、ジョンレノンのソロ曲「マザー」でのスネアドラムでそれを聞くことができます。

 
posted by 国王SUNKING at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンゴスター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29870252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。