▼国王SUNKINGさんの記事

2014年11月24日

Nobody Loves You (When You're Down and Out)

nl.jpg


落ち込んでいる時は、誰も愛してくれない。
有頂天になっている時は、誰も見向きもしない。
みんな小銭稼ぎに、押し合いへし合い。
僕が君の背中を引っ掻けば、
君も僕の背中を引っ掻きまわす。

あっちの世界に渡ったことがあるのさ。
僕は君にぜんぶ見せたよ、隠しごとなんて何もない。
けれども君は、まだこう尋ねる。
「ねぇ私のこと愛してる?」
何だよ、それ。何だよ、それ。

僕に言えることは…これだけさ。
「そんなのショービジネスだ」
「そんなのショービジネスなんだよ」

落ち込んでいる時は、誰も愛してくれない。
有頂天になっている時は、誰も見向きもしない。
みんな小銭稼ぎに、押し合いへし合い。
僕が君の背中を引っ掻けば、
君は僕の背中をナイフで刺すだろう。

今や僕は何回も海を渡ったんだよ。
一つ目の魔法使いが、盲目へと導く。
けれども君は、まだこう尋ねる。
「ねぇ私のこと愛してる?」
何言ってるの。何言ってるの。

救ってあげたいのに、こぼれ落ちてしまう。
救ってあげたいのに、こぼれ落ちてしまう。

朝起きて、鏡に映る自分を覗き込む。
叫びたくなる。

暗闇に倒れ込んでも、
もう眠れないんだって、わかったよ。
叫びたくなる。

歳をとり白髪になっても、誰も愛してくれない。
君が転んで倒れても、誰も愛してくれない。
みんな自分の誕生日の自慢ばかり。

そして君が棺桶で土深く埋められた時、
誰もが君を愛してくれる。
 
解釈:国王SUNKING
 
Nobody Loves You(1974年)、11年前に発表された She Loves You の主語をかえただけで、このような悲しい曲に仕上げられている。「そんなのショービジネスだ」という歌詞とともに、フランクシナトラばりのゆったりとしたオーケストラの間奏が立ち上がります。
 
「to the other side」はあの世(死後の世界)のように思わせる。三途の川を渡ったようなイメージ。この世もあの世もすべてを知りたがるくせに、ちっぽけな自己愛に固執しているという…人間に対する絶望的なくだり。
 
なんとも寂しい、悲しい歌詞ですが、ジョン・レノンの深い悲しみを感じることができれば、反対に生きる元気をもらえる気もします。死者を讃えることはたやすい。生きているうちに、もっと人を愛そうと思えるのです。
 
 
posted by 国王SUNKING at 14:20 | Comment(7) | ジョンレノン
この記事へのコメント
レノンのコトバに
共感しています...
Posted by etsuko at 2014年11月29日 18:40
お久しぶりです。このハンドルネームも久しぶりです。^^;

実はおととい、BARUがキャバーンへ久しぶりに行ってきたのですが
meijiさんがHPの件でふぁくとさんと連絡取れないだろうかと
いっていたそうなんです。

前に私、キャバーンのフォルダなどを預ったのですが
あの後、私メニエールを発症してしまい
夜出かけることができなくなり、キャバーンへも行っておらず
そのままになっていました。

預ったフォルダもPCの入れ替えなどでなくしてしまいました。
すみません。

キャバーンのバンドやスタッフなどもずいぶん変わっているそうで
ふぁくとさんと相談したいそうなんです。
ふぁくとさんいかがでしょうか?
Posted by エイリアン-k at 2014年12月01日 15:17
おぉ、大丈夫ですよ、更新作業しますよ。
Posted by ふぁくと at 2014年12月01日 15:27
あ、ありがとう〜
良かった!

と、今BARUと話したら、BARUもフェイスブックでふぁくとさんへ
お願いのメールしているそうです。
夫婦で話が繋がってない。^^;

O型台風さんが写真を撮ったので
送られていくと思います。
内容はmeijiさんと話すことになるのかな
電話番号知ってますか?

よろしくお願いします。
Posted by kei at 2014年12月02日 15:24
KEIさん、メイジさんと電話でお話し、進めます。
Posted by ふぁくと at 2014年12月02日 15:56
etsukoさん〜、お返事が遅くなってすみません。これからも「レノン的コトバ」を書き綴ってまいります〜。いつも応援ありがとうございます。
Posted by 国王SUNKING at 2014年12月02日 17:21
ふぁくとさんよろしくおねがいします。


ジョンは、
トリップしてあの世の世界(幻覚)を感じたのかな。

でも、その幻覚を通して現世を考えたり
色々だったのでしょうね。。。

Posted by kei at 2014年12月04日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※記事の内容は、筆者の勝手な思い込みもありますので、信じるも信じないも読む方の気持ち次第です。あまり深く考えないでください。